所有物としての動物

動物に「不必要な」苦痛を課すことを禁止し、動物を「慈悲深く」扱うことを求める動物福祉法は、動物の法的地位が(人間の)所有物でしかないために無意味なものになっているとフランシオーン教授は論じます。フランシオーン教授の著作「Animals, Property, and the Law」(Temple University Press, 1995)は、動物の所有物としての地位を法律的見地から分析した最初の本であり、トム・リーガンに「紛れも無く歴史的価値のある著作である」と評されました。